スマイル日記

劣化のサインから見る外壁塗装を検討するべき時期

DATE 2016年4月15日 (金)

みなさん、こんにちは。プロタイムズ大分中央店 株式会社麻生塗装の上田です。

昨夜は、熊本県にて震度7の地震がありましたね(°д°)
緊急地震速報が鳴り、びっくりしましたが、みなさま大丈夫でしたか?
大分市内でも余震も含め、結構揺れましたね。
熊本では被害も大きかったようで、熊本のみなさまがはやく普段の生活に戻られることを祈っています。

 

今回は、前回のブログの引き続き 外壁塗装を検討する時期についてご紹介します。
また前回は「建ててから何年目にするのか」という観点よりご紹介しましたが、
今回は実際におうちに発生している劣化サインから見て検討するべきかどうかを紹介していきます。
ぜひ参考にされてみてください。

 

 ◆ 【 緊急度・ 】 外壁の劣化を検討するサイン

〇外壁の色あせ

「新築時と比べて、色が薄くなった気がする・・・」
そのように感じられている方もいらっしゃいませんか?
外壁は、年中紫外線や風雨を受けて、非常に過酷な状況で、わたしたちを守ってくれています。
そのような外壁もやはり、築年数が増えてくると徐々に劣化が進行してきます。
その中での初期症状として、「外壁の色あせ」が挙げられます。

外壁の色あせは、早急にメンテナンスをする必要があるというわけではありませんが、
劣化が始まっているサインで間違いはないので、
メンテナンスの計画を立て始めるとよいでしょう。

 

◆ 【 緊急度・ 】 外壁の劣化を検討するサイン

〇チョーキング

チョーキングって何?と思われている方もいらっしゃると思います。
おうちの外壁を触った時に、手に白い粉がついたことはないですか?
これが「チョーキング現象」といわれるものです。


このチョーキングが起きている場合、外壁の劣化が進行しており、塗膜の防水性が切れてしまっているため
雨が降るたびに、外壁にどんどん水が浸入してしまっている状態になっています

そのため、おうちの外壁にチョーキングが発生している場合には、
できるだけ早めに、外壁の塗り替えを検討するようにしましょう。
 

◆ 【 緊急度・ 】 外壁の劣化を検討するサイン

①塗膜の膨れ・剥離

外壁の塗膜劣化が進行し、塗膜の膨れ・剥離が発生している場合には、
早急なメンテナンスが必要となります。


塗膜が膨れたり剥離をしてしまっている場合は、その部分の塗膜劣化が進行しているので
雨水がどんどん浸入している状態となります。
そうすると、建物内部に水が入ってしまい、気づいたときには外壁の塗り替えどころでなく、
基礎の修繕など大掛かりな工事に発展してしまう可能性もありますので、
早めにおうちの状態を業者に確認してもらうようにしましょう。

 

②クラック(ひび割れ)の発生

おうちの外壁にひびが発生しているのを見たことがないでしょうか?
このひびのことを「クラック」といいます。

 

クラックは、地震などで家が揺れた際に、発生することが多いです。
このクラックは外壁に穴があいている状態となっているので、
そのまま放置をしてしまうと、そこからどんどん水が建物内部に浸入してしまうのです。

また、このクラックにもひびの大きさによって名称が変わっており、
0.3mmより小さいものはヘアークラック、0.3mm以上のものを構造クラックといいます。
構造クラックは、ひびのサイズが大きいため、建物の構造に影響を与える可能性が非常に高いのです。 

クラックにもおうちに対して、縦にひびが入っているものと、横にひびが入っているものがあり、
縦に入っているクラックより、横に入っているクラックの方が緊急度が高いです。
そのため、外壁のクラックを見つけた場合には、できるだけ早めにおうちの健康診断をし
外壁の塗装を早急にするべきか・そうでないかを確認するようにしましょう。

※昨日の大きな地震のあとは、今までなかったクラックが発生している可能性が非常に高いです!!!
 かならずおうちの周りを1周して見回り、今までになかった劣化状況がないかを確認するようにしてください。

 

③シーリングの劣化

おうちの窓周りや外壁がサイディングボードの場合はサイディングボードの継ぎ目など、シーリング部分が劣化している場合があります。
シーリング材が劣化すると、その部分から建物内部に水が浸入してしまいます。
そのため、シーリング材の劣化が見られる場合にも、早急なメンテナンスが必要となります。

シーリング材の劣化は、窓まわりの場合には「増し打ち」、サイディングボードの継ぎ目の場合には「増し打ち」もしくは「打ち替え」をおこないます。
弊社の場合には、サイディングボード継ぎ目のシーリング劣化の場合には、必ず打ち替えをおこなっております。 

シーリングの亀裂は、表面的には全く問題がないように見えても、
スコープを使用して見てみると、亀裂が入っているということもありますので、
業者に建物を見てもらうとよいでしょう。

 

 

いかがでしたでしょうか?
外壁の劣化のサインについて代表的な劣化状況をご紹介しました。
もし少しでも気になる点がありましたら、業者に建物の状況を見てもらうことをオススメいたします。  

 

弊社ではお客様のおうちの健康診断をおこなっております。
また、診断結果をDVDと報告書にまとめご報告いたします。

先ほどもお伝えしましたように、地震の後には今まで見られなかった劣化のサインが見られる可能性があります。
大分市内・大分市近郊の方で、屋根・外壁に少しでも気になる劣化のサインを見つけた方は
下記のお問い合わせフォームより、お気軽にお問い合わせください(・∀・)

 

次回の記事では、外壁塗装を検討する時期~塗装をおこなう季節~についてご紹介します。
どのような季節がよいのかをご紹介しますので、塗装を検討されている方はぜひ参考にされてみてください。

 

________________________★________________________

外壁塗装を大分でお考えなら麻生塗装(プロタイムズ大分中央店)にお任せください!

住所 : 〒870-1114 大分県大分市星和台1-8-1
TEL : 050-7576-4522 (お客様専用ダイヤル)
FAX : 097-568-3121

________________________★________________________

 


お問い合せ 無料見積もり依頼
facebook
2019年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
« 3月    
こだわりの建物診断を大公開!
おすまいビデオ診断
アパート・マンション塗装
 雨漏り診断
塗替えセミナー

イベント・キャンペーン情報

2019年4月27日(土)
無料相談会inカレーヤ
すべてのイベント情報を見る
見積書の見方ご存知ですか?
アステックペイント
最高級塗料プラチナ無機シリーズ
お問い合わせの流れ
施工の流れ
お問い合わせからご契約までの流れ

最新チラシ

2019年4月16日

塗装屋さんのスタッフブログ

施工エリア

施工エリアマップ

大分県大分市全域
※その他周辺地域の方もお気軽にお問い合わせ下さい。

クレジットカード利用可能
このページのトップへ